長岡市ってどんなとこ?

クラシード新潟のある長岡市。
いろいろな長岡をご紹介いたします。

〇グルメな長岡市、特産や郷土料理は?

新潟と言えば米どころですが、
長岡市の郷土料理は 小鯛寿し・いわしの
だんご汁などが有名です。

このほかでもB-1グランプリやご当地グルメの
カニラーメンなどもおすすめです。

長岡野菜と呼ばれる野菜もおすすめの特産です。
中越・長岡地域には、「長岡野菜」地域野菜があります。
地域柄の気候や土壌を合わせて、戦前からずっと
愛され育てられてきたとされる野菜です。

夏野菜では
長岡巾着なす、梨なす、糸うり、肴豆などがあります。

秋、冬ではだるまれんこん、里芋、こかぶ、長岡菜などの
長岡野菜があります。

〇長岡、その歴史、特色はどんなもの?

次に長岡の歴史を追っていきましょう。
長岡は花火大会でも有名でありますが、
花火王国として毎年、信濃川では、
8月1~3日に長岡まつりのなかに催されています。

特に、新潟県中越地震からの復興祈願花火「フェニックス」が
2005年に打ち上げられ、長岡を代表する花火になりました。

歴史では、大河ドラマの主人公にもなった
「天地人」の直江兼続が有名です。

直江 兼続(なおえ かねつぐ)は
(1560年~1620年)
永禄3年(1560)、
坂戸城主、長尾政景の家臣である
樋口兼豊の長男として生まれました。
政景の妻に見込まれ、景勝のそばに使えることとなりました。

直江信綱死後、信綱の妻おせんを妻としてもらい、
直江家を継いで、与板城主となりました。
これを山城守といい、上杉家の執政として権限を与えられていました。

関ヶ原の戦いで景勝は徳川家康と敵対し、
米沢30万石に減らされるのですが、兼続は自身の立場を維持し、
米沢城下の整備・藩政のために力を尽くしました。

有名なことには、直江兼続の生涯「愛」「義」は、
豊臣秀吉に気に入られ、徳川家康にも
一目を置いた存在として受け入れられるようになっていました。

「愛」という字を前立にあしらった兜は、
兼続所用として米沢市の上杉神社稽照殿に保管されています。

上杉藩の武将直江兼続をモデルにした
大河ドラマの記念として「天地人花火」が
打ち上げられています。

〇長岡の観光祭りは何がある?温泉は?

長岡の観光祭りで有名なのは先の花火大会を含む「長岡まつり」でしょう。
8月1日から3日にかけ、長岡市内各地で行われるもので、
大きく分けて前夜祭・昼行事・大花火大会の3部構成となって
います。灯籠流しなどもある夏の有名なお祭りとなっています。

特に花火大会は盛大で、有料の座席を購入することが出来ます。
メインの打ち上げ場所の後ろでは、イス席、団体席、マス席があります。

その近くには信濃川左岸の観覧席として、有料の自由席があります。
フェニックスの打ち上げ場所の反対側、長岡駅側には、
フェニックス観覧席が用意されています。

信濃川の両側は、無料席です。
他にも当日に出される有料席があります。

毎年のスケジュールとしては、

前夜祭:夕方より
8月1日
長岡駅前大手通り・すずらん通りにて
灯篭流し、神輿など

慰霊の花火
8月1日 22時30分ごろから
長岡空襲の被害者慰霊の為に打ち上げられる花火です。
空襲の始まった8月1日22時30分に打ち上げます。

昼行事
8月2、3日(昼間)
長岡駅前大手通り・すずらん通りにて
長岡市内外の企業・団体がさまざまなブース出店、
氷の彫刻造り、ダンス大会など。

長岡大花火大会

長岡まつり大花火大会
開催時期:8月第1週
新潟県長岡市長生橋下流信濃川河川敷にて

打ち上げ数
20000発 2日間合計

100万人越えの人出が毎年あります。

最寄駅:JR長岡駅から徒歩20分。
長岡駅にある三尺玉モニュメント
8月2・3日の夕方から、信濃川河川敷で行われます。

新潟県内では、小千谷市片貝町の片貝まつり浅原神社 
秋季大祭奉納煙火と柏崎市の長岡まつり大花火大会

概要
通称、略称
長岡大花火大会

正式名称
長岡まつり

開催時期
8月第1週

初回開催
1879年9月14・15日

会場・場所
新潟県長岡市長生橋下流信濃川河川敷

打ち上げ数
20000発(2日間の合計)発

主催
長岡市、長岡まつり協議会

人出
103万人(2014年)

最寄駅
JR長岡駅(徒歩20分)

8月2・3日の夕方から、信濃川河川敷で行われるため、
「川の長岡」とも呼ばれます。

同じ新潟県内の小千谷市片貝町の片貝まつり
浅原神社 秋季大祭奉納煙火(「山の片貝」)と
柏崎市のぎおん柏崎まつり海の花火大会(「海の柏崎」)
と一緒に越後三大花火と言わています。

日本三大花火大会の一つであり、「有名花火師が選ぶ花火大会厳選10選」で
長岡の花火大会がネットで行った投票の首位を2015年には、
獲得したこともあります。

長岡空襲や中越地震など自然災害といった慰霊・復興を
表す為の花火大会として行われているのが趣旨です。

温泉の観光地としても有名で、かなりの数に上ります。
特徴等を踏まえて記載しておきますね。

〇寺宝温泉 湯治館・・・源泉100%、掛け流し

〇上杉謙信ゆかりの鉱泉宿
荷頃鉱泉 長生館 ・・古い温泉、質が良い

〇お薬師様お授けの湯 ・・・冷鉱泉

〇越後とちお温泉 おいらこの湯
・・・足湯あり

〇長岡かまぶろ温泉 ・・・和風低温サウナあり

〇三島谷温泉・・・紅茶色のお湯

このほかにも

寺泊海岸温泉、えちご川口温泉寺泊岬温泉、蓬平温泉、
寺泊野積海岸温泉、などがあります。

江戸時代には長岡藩の城下町として栄えた長岡ですが、
戊辰戦争と第二次世界大戦の中の長岡空襲で
市街は壊滅的被害を受けています。

また震災も記憶に新しいところですが、不撓不屈の精神により復興を遂げています。

そのようなことから市の紋章は不死鳥を表しています。

天地人のゆるキャラは「愛ナッちゃん」。
天地人PRのマスコットとして、活用しているようです。

〇兼続お船ミュージアム(与板歴史民俗資料館)

兼続お船ミュージアムは全館を直江兼続の
展示にリニューアル。ここだけの直江兼続資料館です。

「愛の甲冑(複製品)」が
展示されているほか、様々なコーナーがあります。

〇与板城跡(城山)

与板城跡(城山)与板城は、直江兼続のお城です。

〇まちの駅よいた

城下町・与板の楽山苑前にある道の駅ならぬ、まちの駅。
与板地域の特産物の販売や観光案内が行われています。

〇おぐに森林公園
キャンプサイトやバーベキュー場、プール、
園内には食堂や日帰り入浴施設、小国和紙を展示した
「紙の美術博物館」もあります。

〇日吉神社

日吉神社には、
直江山城守兼続奉納の木像が御神宝として
大切に保存されています。

〇牛の角突き

山古志で行われる千年前からともされる闘牛
「牛の角突き」は 角を突き合わせ、牛同志を戦わせる勇壮な郷土千年の歴史を受け継いだ
郷土の誇りともいわれる行事です。

山古志闘牛場内に牛の歴史を紹介するギャラリーも展示
されています。闘牛大会開催日以外は無料で自由に見ることができます。

山古志闘牛場/長岡市山古志南平地内
関越自動車道練馬ICから約3時間(小千谷ICより約25分)
北陸自動車道新潟中央ICから約1時間、
上越ICから約1時間10分(長岡南越路スマートICより約25分)

開催日程
【平成28年度】

5/4(祝)・5/5(祝)・5/22(日)・6/19(日)・
7/17(日)・8/3(水)・8/15(月)・9/18(日)・
9/19(祝)・10/9(日)・10/23(日)・11/3(祝)

時間
午前10時開場、午後1時開始(雨天決行)

料金は2,000円(高校生以上)
チケットは開催当日、会場にて販売または
また、一部店舗を除く全国のコンビニエンスストアでも
販売しています。

見学するにあたっての注意は
〇運動靴など、動きやすい靴をお薦めしています。
〇会場内で軽食程度の販売があります。
〇長岡市以外の方も闘牛のオーナーになることが可能です。